介護マニュアル記事一覧

この記事の動画になります↓食事は人間が生きていく上で欠かせないことであり、高齢者になってもそれは変わりません。介護施設などでは自分で食事を摂れない人も多くいますので、介護職員がそれを介助して食事を食べてもらいます。食事介助をする上でのポイント、どのような点に気を付けていけば良いのでしょうか。食事を楽しみにしている高齢者は多い高齢になりますと体を動かすことが億劫になり外出機会も減って、楽しみが徐々に...

この記事の動画は↓になります。介護は人と人の関わり合いです。高齢者の性格は人それぞれですが、介護者も人それぞれの性格を持っています。介護をする上で大切なことは高齢者に合わした介護を行うことですが、どうしても介護者の性格が介護に出てしまいます。自分の性格をきちんと理解した上で介護を行うことによって、適切な介護ができますので、自分の性格を把握するようにしましょう。傾向を把握する性格というのは様々な分類...

この記事の動画は↓になります。実習生などに「うまく介護をするポイントを教えてください」と聞かれることがあります。介護をスムーズにおこなっていくためにはどのような点に気を付けていけば良いのでしょうか。高齢者を指示しない介護施設で良くあることですが、高齢者に対して年下の介護職が「○○してください」「○○しないでください」と指示することがあります。これはスムーズな介護から遠くなってしまいますので、辞めて...

この記事の動画は↓になります。高齢者になりますと人によっては問題行動を起こす人もいます。例えば他人への理由の無い暴言、暴力、介護拒否、便で遊ぶ、トイレでは無い所での排泄、食べれない物を食べてしまう等、様々な問題行動があります。こういった問題行動はどのように対処していけば良いのでしょうか。病気を確認する病気によって脳に障がいがあり、問題行動を起こす人がいます。脳は身体を動かす信号を出すのですが、病気...

この記事の動画は↓になります。介護をしているとどうしても高齢者は高齢者とひとくくりにして考えがちです。しかし、高齢者とひとくくりにしてしまいますと、その人の本当の姿は見えてきません。実際の事例にもとづいてご紹介していきます。遠足前に不眠になった高齢者Aさんは車椅子で足が不自由です。老人ホームに入って3年が経ちます。最近は若干物忘れ(認知症)があります。明日はさしぶりの家族との外出です。いつもは20...

老人ホームに入っている方は、他人からの介護を受けないと生活することができない人です。そのため、どうしても介護職員の都合に合わした生活を送りがちです。しかし、介護する側の都合に合わして生活をし続けると、高齢者の意思・気持ち・思いなどが損なわれてしまう結果になります。また、それが続いてしまうと人格すら否定してしまう介護になってしまいます。そうならないようにする為には、日ごろからどのような心がけをしてい...

介護施設が実習生を受け入れる時に、実習生から「話かけても何の反応もなかった、嫌われているのかな」という声をよくききます。私たち若い世代であれば声がかかれば、その音を聞く事が出来ますし、その音があった方向を振り向いて反応することができます。実習生が声をかけても反応してもらえなかったのは何故なのでしょうか。聞こえていない高齢になりますと、耳が悪くなって音が聞こえにくくなってしまいます。その為、実習生の...

水分は人間が生きていく上で非常に大切なことです。老人ホームでは水分が自分で飲めない方の場合は介護士が介助していくことになります。適切に水分補給をしてもらうためには、どのような点に注意していけば良いのでしょうか。また、スムーズに水分補給をしてもらう為には、どのようなコツがあるのでしょうか。ムセてしまう場合水分補給をする際に、水分が気管などに入ってしまってむせる場合があります。その時にはトロミを付ける...

食事介助は介助の中でも重要なものです。食事を自分で摂れない方に対して行いますが、ポイントを押さえておかないと、喉に詰まってしまったりなど命の危険もありますので注意しましょう。食事は高齢者にとっても楽しみの一つですので、安全に美味しく食べてもらうようにしましょう。むせない食事介助食事中にむせてしまう場合がありますが、できるだけむせないような食事介助を行いましょう。むせてしまいますと肺に食材が入ってし...

移乗とはベッドから車いす、車いすからベッドなどの移動のことを言います。高齢者介護する場合は、この移乗介助をする場面は非常に多いです。移乗介助をスムーズにするためにはどのような点に注意していけば良いのでしょうか。身体が小さい介助者、体の大きな利用者を移乗するポイントなどについてご紹介していきます。立つことをサポートする支えがあればなんとか立てる、少し介助を行えば立つことができる場合は、立つという行為...

身体の不自由な高齢者の場合は自分で更衣する事が難しいことがあります。その為、介護職員が更衣介助を行いますが、正しい行い方をしませんと骨折や脱臼になる可能性がありますので注意が必要です。どのような行い方が正しいのでしょうか。麻痺がある場合高齢者によっては脳梗塞などで麻痺がある場合があります。麻痺がある場合は順番を守って行わないと、骨折させてしまう可能性もあります。服を着る時は、麻痺の方から手を通して...

入浴介助は介助の中でも大切なことです。ただ単に身体を洗う為のものではなく、気持ち良く入ってもらうように気をつけておきましょう。気持ち良く入ってもらう為にはどのようなポイントに気をつけていけば良いのでしょうか。特殊浴槽で入ってもらう場合特殊浴槽とは寝たきりの人でも入れる浴槽で、寝たまま入ることができます。寝たままお風呂に入れますので、それだけでも気持ち良いですが、人によっては恐いと感じる事もあります...

移動介助は施設でももちろん行いますが、在宅介護でも頻繁に行われる介助です。移動介助が上手くいきませんとスムーズに移動することができませんし、場合によっては事故に繋がる可能性もあります。その為、移動介助の注意点、ポイントなどをご紹介します。車椅子での移動介助車椅子で移動介助を行う場合は、まず移動する前にきちんと車椅子の状態、高齢者の状態を確認することが大切になります。高齢者の確認のポイントとしては深...

排泄介助の中でもおむつ交換は非常に重要な介助になります。おむつ交換をうまくするためには、スムーズに行うためにはどのような点に気をつけていけば良いのでしょうか。プライバシーを確保するオムツ交換をする際は必ずプライバシーの確保を行いましょう。カーテンなどできちんと高齢者のプライバシーを守ることが大切です。おむつ交換を拒否された、介護拒否をされてしまったという場合は、きちんとプライバシーを確保できていな...

トイレに座れる人はトイレで排泄をしてもらいますが、慣れていない状態ですとなかなかうまく、トイレで排泄してもらうことが難しいです。スムーズにトイレ誘導を行うにはどのようにしたら良いのでしょうか。認知症の場合認知症の場合は、声を掛けてもトイレに応じてくれない可能性があります。「トイレに行きましょう」と誘っても「行かない」と拒否をされる場合がありますので注意しましょう。認知症で拒否している人を上手く連れ...

寝たきりの人は、大半をベッドで過ごすことになります。ベッドで過ごす場合は、介護者が床ずれができないように、クッションなどを使用して体位交換などを行います。また、クッションなどは姿勢を楽にする役割があります。これを安楽な体位といいます。安全で楽な体位ということです。これを熟知していると、寝たきりの方でも床ずれが出来にくく、楽に寝れるようになりますので是非マスターしておきましょう。床ずれができやすい部...