付き合わない方が良い職員

付き合いたくないたくない職員

介護に限らず職場では色々な性格の人が働いています、そんな中でなるべく関わらない方がいい職員ってどんな職員なのか書いていきます。

 

  • 自分の考えを押し付ける
  • 愚痴を言う
  • すぐに感情的になる

 

このような傾向がある人とはなるべく距離を置くようにした方が良いと思います。

 

自分の考えを押し付けるような職員

 

介護の仕事をしていると、色々な考え方や介護の仕方があり各職員が各々の自分のやり方で介助をしていると利用者にとっても仕事の効率からしてもよくないので、ある程度施設で決まり事があると思います。

 

その中で、自分の考えを押し付けるような人がいます。

 

その考えが正しければ良いのですが、そうでない場合もあります。

 

そういう人は大抵、周りの人の意見を聞かずに自分の小さい知識の中で判断しているような気がします。

 

批判的な事や愚痴を言う職員

 

事あるごとに「あーだ」「こーだ」愚痴を言って来られたら、聞いている方の心も消耗していきます。

 

愚痴の聞き役になっている人は、愚痴を言う人の依存相手になっているだけで、愚痴を聞いている方も、理不尽に思っている事を相手に話して余計に周りの雰囲気が悪くなってしまいます。

 

難しいですが愚痴をこぼす相手になるべく近寄らず、言ってきても適当に聞き流しています。

 

相手の自己満足のために、自分の心を消耗する必要はないですから。

 

大抵の場合「そうだね」って言って欲しいだけなのですから。

 

感情的になる職員

 

自分の気に入らない事があるとすぐに感情的になる人は、まともに関わらない方がトラブルにならなくて済みます。

 

感情的になると相手を屈服させる事に意識が行くのでコミニュケーションが取れなくて話が進まないので時間の無駄になります。